知らないと怖い野生のねずみによる被害|ねずみ駆除の方法

害獣による被害

あらいぐま

アライグマの農作物などへの対策には、様々な駆除用のグッズが販売されています。また駆除専門の業者もいるので、被害に困っている場合は一度専門業者に依頼してみましょう。

もっと見る

ねずみの脅威

ねずみ

暖かい時期になってくると、動物たちは活発化します。それによって、害虫や害獣なども同時に活発化してしまいます。害獣とされている身近な動物が「ねずみ」です。主に家に侵入するねずみは「クマネズミ」「ドブネズミ」「ハツカネズミ」の3種いるとされています。特に名前が知られている害獣がドブネズミで、床下や下水などの湿気が多いところで生息している体長25cm前後にもなる大きめのねずみです。あまり聞き慣れない名前でクマネズミという種類がいます。これは主に屋根裏や壁の中にいます。体長はドブネズミよりはやや小さめで22cm前後ほどになっています。そしてハツカネズミは最小で7cm前後の小型のねずみです。主に農村などに生息していることが多いとされています。ねずみはペットなどとして飼われていることもありますが、それらと比べて野生のねずみは数多くの菌を持っています。そういったねずみが寝ている間に家に侵入すると、寝ている間に噛み付いたりすることもあります。一度噛まれてしまうと、そこから菌が入り病気になってしまうのです。ひどい場合では、海外ではねずみに噛まれて実際に人が亡くなる事件も起きているほどです。ねずみが侵入しないようにするには、ねずみ駆除専門の業者に依頼するとよいでしょう。
ねずみ駆除のグッズはホームセンターなどでも数多く売られていますが、家から追い出すだけではまた侵入してきてしまいます。そのため、追い出した後はその侵入経路を防ぐ必要があります。家のつくりによって侵入経路が違うので、ねずみ駆除専門の業者に対策してもらいましょう。ねずみ駆除の専門業者はネットで検索してみると簡単に見つけることができます。値段も業者によって異なるので、依頼前に確認が必要です。

害虫の繁殖前に対策しよう

スプレー

害虫駆除はそれぞれの害虫ごとに駆除方法が違い、その害虫は発生する場所も違います。こうした害虫駆除には専門の業者もいるので、駆除方法で困っているのであれば専門業者に依頼してみましょう。

もっと見る

ねずみの持つ細菌

ネズミ

ねずみ駆除のグッズはホームセンターなどで売られており、ご自分で対策することもできますがネズミは一度退治しても、また戻ってきて被害を及ぼします。そのため、ネズミ駆除をするのであれば専門の業者に対策してもらいましょう。

もっと見る