知らないと怖い野生のねずみによる被害|ねずみ駆除の方法

ねずみの持つ細菌

ネズミ

夜になると活発的に活動するねずみは、家に入ってくると様々な被害を与えます。物がかじられたり、食べ物がかじられたりすることがあります。場合によっては、人に噛み付いて海外では死亡したニュースもあります。ねずみは様々な細菌を持っているため、噛み付かれると病気になってしまいます。有名な病名で「鼠咬症」というものがあり、この症状が出ると、高熱や頭痛、関節痛などの痛みが生じます。他にもサルモネラ菌やツツガムシ菌、レプトスピラ症などいろいろな病気を発症してしまう恐れがあります。もし、噛み付かれた場合は、すぐに病院で診てもらいましょう。こうしたねずみの対策はねずみ駆除専門の業者に依頼しましょう。ねずみ駆除の業者はネットで検索すると見つけることができます。業者によっては、24時間365日対応しているところもあります。価格はそれぞれの業者ごとに違うので、いくつかの業者を見比べてみましょう。業者に依頼して駆除するまでの流れとして、問い合わせをしてから、実際に自宅の訪問、その後見積もりをしたうえで検討し、作業を開始します。最後に支払いを済ませて完了となります。見積もり段階での値段は家の作りや広さによっても変わってきます。ネットのねずみ駆除業者のサイトでは利用者のレビューが書かれているところもあるので、それらを参考にして業者の評価を確認することが可能です。被害を少なくするためにも早めのねずみ駆除対策を行なっておきましょう。